カテゴリー

無料ブログはココログ

どら焼き

最後(11回目)のお菓子作り教室になってしまいました。

今回はどら焼き
まずは 完成品

P1070352

P1070354

 とてもおいしかったですheart04
 満足の出来でした。

***レシピのメモ***

皮の作り方 6cmで12個

卵 2個
蜂蜜 15g
醤油・みりん 各4g

サラダ油 12cc
牛乳 60cc

小麦粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1
砂糖 40g

*あん 180gくらい (中身は自由に)

卵を卵白と卵黄に分けます。

P1070309

卵白に砂糖を入れハンドミキサーで角が立つくらい泡立てます。
P1070313

次に 卵黄に、蜂蜜・醤油・みりんを入れハンドミキサーで混ぜます。

P1070316

混ざったら、サラダ油と牛乳もいれて混ぜます。
P1070321

次に ふるった小麦粉とベーキングパウダーを加え、混ぜます。
P1070323

先に作った、メレンゲの半分を生地に入れ、なじんだら残りも混ぜます。
P1070324

P1070329

フライパンを温め弱火にして、スプーンですくって5㎝くらいの円形に伸ばす。
P1070333
生地の表面に穴があいたら、裏返して2分ほど焼く。

P1070347

ちゃんと対になる大きさで焼くのがコツ。
網の上に置いて冷ます。

P1070345

あんこや生クリーム・カスタードクリームなど自由にはさみ
ラッピングしてできあがり。

P1070350   

 

「ショコラケーキ」の試食

お菓子作り講座で作った 「ショコラケーキ」 
食べてみました。

P1070242

アラザンは食感が悪くて×  
食べてる途中にガリっとなって 歯が欠けたかと思うじゃないですか!

上にコーティングしたチョコは思っていたよりおいしかったです。
スポンジはまぁそんなもんかなって感じ。
チョコが濃厚なので、ホイップがあった方が食べやすかったです。

お菓子作り講座 「ショコラ」

11回あるうちの10回目になりました。

本日はショコラ 15㎝型

材料 

卵 2個
さとう 60g
ココア 10g
小麦粉 50g
バター 20g
牛乳 大さじ1

生クリーム (間に挟む分)

ガナッシュ
生クリーム 50cc
チョコレート 100g (細かく刻む)
キルッシュ 少々 (香りつけのお酒)

まず バターを湯せんで溶かしておきます 
いっしょに大さじ1の牛乳を入れておきます。

P1070203

別のボールに 卵と砂糖も湯せんします。
人肌ぐらいになったら ハンドミキサーで泡立てます

P1070205

(しばらく写真なし)
ぽったり白くなるまで泡立ったらて小麦粉とココア振るい入れます。
混ぜたら、 少しとって湯煎したバターの中にいれよく混ぜます。
それをもう一度、もとのボールに戻してささっと混ぜます。

P1070206

生地を型に流し込みます。
P1070208

トントンして空気を抜き、 
180度で予熱しておいたオーブンで約20分焼きます。

P1070213

荒熱が取れたら、半分に切ってホイップした生クリームを中に挟みます。
いつもは アンズジャムとレモン汁)

P1070214

チョコを細かく削る。

   P1070219

生クリーム50gをぶくぶくした時に火から下ろし、その中にいれ急いで溶かします。

P1070223

P1070225

ちょっとキルシュも入れて香りつけ。

P1070232_2

ケーキクーラーにのせた(今回は菜ばし)ケーキにかけます。

P1070228

あとは、お好きなデコレーションをします。

P1070233

私の↓

P1070240_2

お隣さんの作品 ↓ 豪華です。 でも もっと豪華な方もいっらしゃいました
P1070239

おだんごちゃんは、金箔だけのシンプルなケーキに仕上げていました。
洗い物の多いケーキ作りでしたわん

シフォンケーキ

 今度のお菓子は「シホンケーキ」って案内がきました。
「シフォン」じゃないのか? 

ってな感じのお菓子作り講座ですcoldsweats01

まずは完成品の写真から・・・。
P1060992s

感想。 
カステラみたい。 しっとり感にかけると思う。
小さい型で作ると、焼き目の部分が多くなって硬い感じを受けるんだと思う。
大きい型で作れば、ふわふわな部分が多くなるしね。

それじゃ 教室の様子を公開↓

P1060972

2個の卵を 白身と黄身を分けてボールに入れます。

P1060977

白身に砂糖を10g入れて泡立てます。

いつもなら、黄身から泡立てていたのですが、白身から泡立てると、
ホイッパーを1つで済ませることができるそうです。
確かに・・・。

P1060978

次に 黄身に40g砂糖を入れて泡立てます。
さらに 牛乳 40cc
サラダ油 27cc
バニラエッセンス

P1060979

振るった小麦粉を入れる。

小麦粉 67g (ベーキングパウダーとふるっておきます)
ベーキングパウダー 小さじ2/3

P1060982

1/3の卵白を黄身の方に入れてよく混ぜ、その後
残りの卵白をさっくり混ぜます。

型に入れて、トントンして空気を抜く。

P1060984
余熱 180℃で30分焼く。

P1190002

完成 冷えた後 ラッピング。

P1190006

型が小さめだったので、生地が 少しあまりました。
3人分集めて エンゼル型にいれました。
かわいい焼き上がり。

P1190004

こちらは、カットしてラッピング。

P1190007

疲れた・・・。

クリスマスケーキ

今年最後の「お菓子作り講座」です
今回はクリスマスケーキ

材料 15㎝型

---スポンジ---

バター(無塩) 22g
砂糖 65g
薄力粉 75g
卵 3個
大さじ 約 3/4

----------
生クリーム 200cc
砂糖 大さじ3
フルーツ (今回はキモモとイチゴ)

①小麦粉はふるっておく
②卵と砂糖をボールに入れ湯せんにかける。
③ボールに牛乳、バターをボールに入れ、湯せんにかけ溶かしておく。
オーブンは180度で余熱。


P1060199
④人肌に温まったらハンドミキサーで泡立てる

P1060205

⑤もったりと字がかけるようになったら、ミキサーの速度を落として泡を細かくするまで泡立てる。 小麦粉をふるって入れる。
P1060206

⑥ ③のボールに生地を少しいれ混ぜてなじませ、もとのボールに戻す。

P1060212

P1060213

型に入れる。
P1060215
P1060216

⑦ 180℃で20分焼く。

デコレーションをします。 
生クリームを泡立る。
フルーツをカットします。

今回はスポンジを3等分に切りました。
包丁はコンロか湯で温めてから切ると切りやすいです。

P1060221

この四角のスポンジは先生が飾りつけ用に↑
別に作ったものです。

P1060225
P1060236
テクニック伝授。
端っこのスポンジとかを細かく切って側面につけたりなど
いろいろごまかし方を教わりました。

↓先生のケーキ。

Img_0012

↓ 私のケーキ あんまりうまくできなかった・・・weep

P1060246

あー クリスマス前に こんなに食べてどーする体重増加・・・。

りんごケーキ

11月のお菓子作り講座は「りんごケーキ」です。
りんごケーキってどんなケーキ???
と想像しながら料理室に行きました。

大体想像どおりのケーキでした。
まず、りんごを5ミリにカット。

Photo

1

↑毎回 おつゆ茶碗で材料量ってますcoldsweats01

りんごと砂糖30gレモン汁大匙1を入れ火にかけます。
水分が少しになるまで煮ます。


2

バター130gを溶かしておきます。
5

ボールに卵3個 砂糖150gを入れ
ハンドミキサーでぽったりするまで攪拌します。

3

その後、小麦粉150g とベーキングパウダー小さじ1/2を振るい入れます。
バニラエッセンスをいれ、溶かしたバターを一気に入れちゃいます。

4_2

バター入れたら ムラのないように混ぜます。
タルト型に流し込んで、りんごを並べます。

7

180度(余熱しておく)で 中段で20分。

先生のケーキはこちら↓

P1060055

↑先生はタイマーついてるいいガスオーブンで焼いたんです。

サンライフプラザのガスオーブン、とってもクラシカルです。
180度からしか温度設定できないし、窓から炎が見えるし。
なんといってもタイマーがありません。
ちょっと恐いオーブンです。

私の分のケーキは 案の定、焼き上がりは今ひとつcoldsweats01
↓焦げ目は30分焼いてもつきませんでした。


P1060051

素敵なケーキ箱に入れて帰りました。

さて、お菓子タイムです。
1日たつと、ふわふわから、しっかりタイプになっていました。
ちょっと甘めのケーキです。りんごは甘酸っぱい。
また食べたいとは思わなかったけど、まあこんなもんでしょうか。

P1060059

シュークリーム

10月の「お菓子作り講座」 だったのですがお留守番で私はお休み。
Kちゃんはちゃんと出席したので、作ったシュークリームをもらいましたhappy02

1

お店で売っているシュークリームみたいでした。
じょうずに作るねぇ~。

ご馳走さまでしたhappy02
講座の様子はK子ちゃんが撮ってきてくれた写真でUPします。
もらったレシピの紙は一番最後です

まず シューの皮
鍋にバターと水を入れ沸騰したら火からおろし小麦粉を一度に入れ木じゃくしですばやく混ぜます。

Pa130005
Pa130006
そして2~3分火を通します。

↓火からおろし溶き卵を2~3回に分けてじょじょに入れ木じゃくしで持ち上げてゆっくり落ちるぐらいにします。
Pa130008

↓オーブン皿にクッキングシートを引き(先生は)スプーンですくってのせる(笑)
表面に軽く霧を吹き210度で25分
Pa130009
注)ふくらみを考え隙間を空ける
注)焼いている途中にふたを開けない

焼きあがったら、荒熱がとれたくらいで切り目をいれる。

右側のシューは、ちょっと失敗作だそうです。
最初のバターと水を沸騰させるところで、ジュワーといった時じゃなくてボコボコった時火から下ろさないとこうなります

Pa130017

次はカスタードです

鍋に 牛乳 砂糖 コーンスターチ 小麦粉 卵をいれ泡立器で混ぜながら中火のかける。こがさないように木ベラでとろみがつくまで混ぜる。(ダマになったら、裏ごしする)

Pa130016

とろみがついたら、火から下ろしバターを混ぜ、冷えたらバニラエッセンスを加える。
シューにつめる。

Pa140001

今回のよれよれレシピはこちら↓
20101014082235891_0001

ブラウニーを作る

もう 9月のお菓子講座だ。
早い・・・。

夕方6:30~なので仕事終わって 大忙し。
今日は「ブラウニー」です

型はなんと新聞紙です!! 
おぉーーー さすが古屋先生。
何回でも使えるそうです。 これじゃ
「あたし、型がないから、できないゎ」 なんて言わしてくれませんね。
チラシでゴミ箱を作るやり方で作ってください。

1  

さて、材料は (20㎝角)

A 小麦粉 100g
A ココア 20g
A ベーキングパウダー 小さじ1

卵 2個   常温に
砂糖 50g
バター 70g  常温に
チョコレート 50g (細かく刻む)

-------------------------

まず、バターをまぜまぜして、砂糖をいれ白っぽくなるまで混ぜます。

1_1

卵をほぐして加えます。 
そしてチョコレートも入れます。

1_2

で次に Aの粉類をビニール袋に入れて振ってふるったもの(簡単バージョン)を入れました。

1_3

1_4

ゴムベラで切るようにさっくり混ぜます。

新聞紙の型に入れ、平らに整えます。 (生地は結構固めです)

1_5

180℃で25分焼く。

型から外して、さめたら切分けます。

1_6

ラッピングまで指導してくれるのが、古屋先生です!!

1_7

一人でたっぷりお持ちかえり。
この後、米粉バージョンも作ったんです!!

↓は米粉のブラウニーです。

Photo

おいしく頂きました。

 

スフレチーズケーキ

七尾市民大学講座 のお菓子作り講座(8月)に行ってきました。

今日は「スフレのチーズケーキ」です。

材料 15㎝の丸い型用(18~20㎝の場合は倍にしてください)

A

バター15g
牛乳 75cc
クリームチーズ 75g

卵白 2個
砂糖 30g
バニラエッセンス 少々
(今日はレモン汁)

卵黄 2個

★砂糖 20g
★小麦粉 20g
★コンスターチ 10g
(★印はあわせてふるっておきます)

まず型にオーブンシートを巻いておきます。

↓①、 Aを全部鍋にいれてとろとろになるまで煮ます。

P1050169

↓ ②、ボールにBの材料をいれ角が立つまでハンドミキサーで混ぜます。

P1050174

↓③、 Cの材料を卵黄から①の鍋に入れ、ハンドミキサーで混ぜ、★印の粉類もいれハンドミキサーで混ぜます。

P1050180

↓ ④、③の材料を②のボールに入れゴムベラで泡を消さないように混ぜる。

P1050189

↓ ⑤、型に入れ 鉄板にお湯をはり、150度で30分 その後140で20分焼く。

P1050191

私のはボルケーノになってしまいましたcoldsweats01 (大噴火)

Photo

自宅でティータイム。
焼きたてはフッカフッカでしたが、一晩置くとしっかりしていました。
やさしい味でおいしかったです。

Photo_2

家で作れるかな?

パンの耳のかりんとう と クッキー

今回のお菓子作り講座は パンの耳のかりんとう と クッキー

まずはクッキー作りです。 バターを白くなるまで混ぜます。シャカシャカ・・・
で砂糖をいれ混ぜ、とき卵をいれ、小麦粉(BPと重曹)いれ、コーンフレークもいれて焼きます。

1

私のは 大きく天板に並べすぎて合体しましたcoldsweats01 性格が出ます・・・。

1_1

お次はかりんとう。
パンの耳を細かく切り、電子レンジで4~5分
かりかりになるまで乾燥させます。

1_2

お鍋に砂糖と大匙2のお水をいれ煮ます。
溶けたら、バターをいれ白い泡が立つまで木ベラで混ぜます。
1_4

そしたら、きな粉(ゴマ・珈琲・しそ・しょうが等々 好みで)を入れ、

1_5 

そこに乾燥したパンの耳を入れます。ざっくりざっくり混ぜます。
ベトベト→カラカラになってきます。

1_6

1_7

今日は、黒すりゴマ と 鶯きな粉 と 珈琲味 です。
結構甘いです。
でもまあ パンの耳が立派なお菓子になったのですごいです。

先生こだわりのラッピングをして完成。
写真は、3人分です。 大量・・・sweat02

1_8_2

家に帰って 豆皿に入れて頂きました。

1_9

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31